ページトップに戻る

他には無いクラニオの癒し

2024/05/28
投稿者: バイオダイナミック クラニオセイクラルセラピスト(BCST) 青井修子

クラニオセイクラル バイオダイナミクスは、身体の声を聴く。共鳴のワーク。自己調整のワーク。

等と表現されます。

私達プラクティショナーが、意図を持って変えるのではなく、身体が本来持っている自然治癒力、自己調整力、で整っていきます。

自然治癒力、自己調整力とは、どんな力でしょう。

私たちの命は、たった一つの受精卵から始まります。次第に細胞が増え、整列し、中心から縦に、横に、広がり、巻き込み、捻じれ、様々な動きで身体が形作られていきます。

この、身体を作り上げた力は、生涯私達と共にあり、今では、身体を成長させ、維持、回復させる力として働いている。と考えています。身体は、元々の姿を思い出そうとしています。

セッションが始まり、身体が静かに落ち着き、神経系の緊張が緩み自律神経の過剰な反応もリセットされ、深い休息に入ると、身体が本来持っているリズムや流れが現れます。この動きが身体を調整していく力の表れです。

プラクティショナーは、この動きを感じ取りながら触れていきます。

クライアントさんの身体の内側から起こる力に耳を傾け、寄り添い、サポートします。

内側から起こるので、その時、その体に必要な癒しが起こります。手放す準備のできたものが現れる為、身体に負担のない、自然な変化です。静かですが、その深さは、時に想像を超えるものがあります。

血流、リンパ、ホルモン等々、身体の中には沢山の液があります。体液循環が良くなります。

抑え込んでいた痛み、ショックを解放して、古傷の癒しが起こったり、身体の歪みが整っていくこともあります。

命の力は美しく、力強いものです。

さらなる癒しもまた、ご紹介していきますね(^^)/

#クラニオセイクラル#バイオダイナミクス#生命力#自然治癒力#回復力#越谷

技人の写真
バイオダイナミック クラニオセイクラルセラピスト(BCST)
青井修子 (あおいしゅうこ)
インフルエンザ後の体調不良で、長年クライアントでした。2017年にディプロマ取得。以後アドバンストレーニングに参加。6月に協会のあるスイスで開かれた国際ギャザリング、ワークショップに参加しました。
プロフィールへ
青井修子さんのブログ記事一覧へ≫

青井修子さんのブログ記事