ページトップに戻る

クラニオ体験談(1)

2024/05/12
投稿者: バイオダイナミック クラニオセイクラルセラピスト(BCST) 青井修子

先日のマルシェでの事、30分の短い体験セッションを提供しました。

20~30代位と思しき男性。肩や身体に緊張があり、眼の疲れがある。とのこと。

触れると肩や頭の緊張を感じましたが、次第に肩のあたりがほぐれて、緩んでいきました。

終わった後の感想は。 何かが身体に浸透してくる感じ。生まれ変わったみたい。

うんうん、そうなの、その通り!

クラニオの癒しを見事に表現してくださって嬉しくなりました。

胎内に戻るかのような。また、海底の緩やかな潮流に身を委ねるような中で、身体全体に生命力が満ちていく。

本当に私も、何かが浸透して満ちていくような感じがしていました。

セッションの最初の段階では、先ず身体が落ち着いて静かな休息に入ります。部分ではなく、全体性の中で整っていきます。ニュートラルという状態です。短いセッションでは、ここを目指します。

クラニオの、自己調整のワークは、ここからが本番✨ではありますが、、ストレスのない人はいないといわれる現代人の身体。

ニュートラルになる事の恩恵も大きいと感じます。

一つとして同じセッションはなく、毎回クライアントさんの身体に、健康へのアクセスを教えてもらいます。

技人の写真
バイオダイナミック クラニオセイクラルセラピスト(BCST)
青井修子 (あおいしゅうこ)
インフルエンザ後の体調不良で、長年クライアントでした。2017年にディプロマ取得。以後アドバンストレーニングに参加。6月に協会のあるスイスで開かれた国際ギャザリング、ワークショップに参加しました。
プロフィールへ
青井修子さんのブログ記事一覧へ≫

青井修子さんのブログ記事